製品へのこだわり

革がなじむってどゆこと?

当店の商品は牛革を使用しています。「革製品は使えば使うほど味が出て手になじむ」という話をよく耳にしますが、それがどういうことなのかをお話ししようと思います。

  1. 牛ヌメ革について
  2. 革とステッチについて

1、牛ヌメ革について

まず当店で使用している牛革についてですが、特別の記載(この商品はクロムなめしですといったような)がない場合は全て国産のヌメ革(タンニンなめし革)を使用しています。ヌメ革と一口に言ってもいろいろな革がありますが、その中でも特に手間のかかるピット槽なめしという製法の「本ヌメ革」が当店で使用している革です。この革は昔ながらの環境に害の少ない製法で作られます。手間はかかりますが、格別に丈夫で使えば使うほど色艶が増していきます。

定番革のバケッタとソフトオイルはオイルがたっぷり入った柔らかめの革ですが、その他のヌメ革は最初は少しコシが強いです。その為、商品によっては届いたばかりの段階では

「もっと柔らかい方がよかった」

と感じるお客様もいるかもしれません。もちろん柔らかい方が使いやすい商品もたくさんありますが、deteはあえて最初はコシのあるヌメ革製品をおススメしています。なぜかというと、革は使う人が望む望まないに関わらず、次第に繊維がほぐれて柔らかくなってくるものだからです。

言い換えれば、「なじむ」というのは革の繊維が壊れていく過程をつづった言葉に過ぎません。最初から繊維がほぐれた、柔らかい革というものは、お渡しする時がベストな質感ですが、deteの商品はそうではありません。使い始めて1年後、5年後、使用状況によっては10年たって始めて完成するような、ゆったりとした成長の中で永いお付き合いをしていける商品です。

2、革とステッチについて

革はなじんでいくものというお話をしましたが、ステッチを入れる事によって強度を出し、革が伸びるのを防ぐことができます。ブックカバーを例にとってお話しますと・・・↓

deteのブックカバーは右側の表紙ポケットから背表紙を通って左側の帯までステッチを通しています。

このステッチにより、上下のステッチ部分は伸びにくくなり、それ以外の部分は本の形に合わせて形を変えていってくれます。

ブックカバーのなじんだ姿

約一年使ったブックカバーです。革の角が丸くなっているのがおわかりいただけるでしょうか?ステッチが縮んだのではなく、ステッチのない部分が本の形に合わせて変形することによって丸みを帯びています。こうして本を包み込むようなフィット感が出るのです。

このフィット感を出す為、手作業でロウを引いた太糸を使い手縫いでステッチを入れています。次は内側の写真をごらんください。

使い込んだブックカバーの裏側

本の背の形に合わせてくぼみができ、革にクセがついています。裏地をつけてしまうとこのクセはできにくくなります。


なじみよりもとにかく耐久性を優先するとしたら、革で裏貼りしたするのがベターかと思います。deteは耐久性とのバランスをとりながら、ブックカバーに最適な厚さの革を特注で仕入れております。

今日では各ブランド、各工房さんがいろいろなニーズに合わせた革製品をいろいろ製法で製作しています。一概にどれが優れていると断言することは難しいのですが、自分に合った製品を作っているお店をじっくりと選んでいただきたいと思います。

ブックカバーと本の規格

私は昔から読書が好きで、ブックカバーも大好きでした。だから最初に作った革のものもブックカバー。理由は自分が欲しかったから。いいブックカバーがあるだけで、読書の時間が100倍、いや1000倍楽しくなります!(ウソ。本当は10倍くらいです)

今日は本のサイズ規格の真っ赤なウソについてお話したいと思います。

ブックカバー サイズ

辞書とか専門書を除いた一般的な本のサイズは、

  1. 文庫判
  2. 新書判
  3. 四六判
  4. A5判

に分けられます。文庫判はよくある文庫本のサイズ。新書判は文庫本を少し縦長にしたようなサイズ(洋書のペーパーバックとほぼ同じサイズ)。四六判はハードカバーが一般的な新刊の単行本サイズ。A5判は学術書などの大型の書籍です。
ちなみに、一般に広く浸透しているサイズは文庫本と四六判がダントツです。プレゼント用でお求めの場合はこの辺りが無難なところだと思います。

ネットで調べた規格によると、

  1. 文庫判 105×148
  2. 新書判 103×182
  3. 四六判 127×188
  4. A5判  148×210

と出ました。合っているのかわかりません。ちなみに、違うサイトでは違うサイズが規格として書かれていました。

「このサイズを参考にブックカバーを選べばいいのか」

と考えてしまいそうになりますが、ちょっと待ってください!一度ご自宅にある本のサイズを測ってみてください。本当に、全て上記のサイズになっていますか?

きっとなっていないと思います。昨今の本は、規格に関わらず、サイズがばらばらに作られているのです。なぜかというと、本屋さんで少しでも目立つ為に大きくしたり小さくしたりしているからです。

deteのブックカバーは、できるだけたくさんの本に使えるように、大き目の寸法に合わせて制作しています。サイズに関してご不明な点はメールにてお問い合わせください。

文庫本ブックカバー
文庫本トールサイズ一覧
新書ブックカバー一覧
B6ブックカバー一覧
ビジネス書ブックカバー一覧
四六判ブックカバー一覧
A5判ソフトカバー用ブックカバー一覧
A5判ハードカバー用ブックカバー一覧

アフターフォロー

当店の金具は全て厳選した日本製の真鍮・鉄などのパーツを使用しています。 丈夫な金具を使用していますが、ボタンやバインダーなど、金具によってはどうしても革や糸よりも早く破損してしまう物があります。


当店ではお渡しした商品に責任を持って修理対応いたします。
その他縫い直し、革の補強等の修理、サイズ変更等のカスタマイズにも対応いたします。 ご連絡いただいてから見積もりをお送りいたしますので、まずはメールにてご一報ください。

【修理費用の目安】

  • ボタン交換…¥0~
  • バインダー交換…¥1000~
  • 縫い目のほつれ補修…¥1000~
  • サスペンダークリップ交換…¥300~

※往復の送料は別途貰い受けます。
※廃盤等の理由により同じ素材が手に入らない場合はお客様にご連絡の上代替品対応になります。

手縫いについて

手縫いについて

手縫いならではの暖かみと味わいを、是非手にとってお確かめください。

返品について

当店は自信を持ってお届けできる革製品を取り揃えております。しかし、写真と説明文だけでは、商品に関する全ての情報をお伝えすることが難しいのが現実です。

受け取った製品に満足いただけない場合はご連絡ください。完成在庫品に限り、返品対応とさせていただきます。(特注サイズ等オーダーメイド品、受注生産品は返品不可です。)

返金額は(ご入金いただいた代金)-(商品発送時の送料)-手数料

となります。手数料とは、返金時の振り込み手数料、代引き決済手数料、商品発送時に当方が負担した送料差額分など、当方の定めるその他の代金をさします。

恐れ入りますが、返品時の送料はお客様負担になりますのでご了承ください。なお、誤配送、初期不良品の返品及び交換時は当方が送料を負担いたします。

※返品は未使用品に限らせていただきます。返送いただいた商品の状態によっては、返金をお断りする場合がございます。

[商品の交換について]
当店の製品は革と糸の組み合わせをお選びいただくセミオーダー制を採用しております。2011年8月現在、文庫本のブックカバーだけでも1452通りの組み合わせがあり、同じ製品かつ同じ色の組み合わせでのご注文が短期間のうちに続くことはめったにありません。当店では在庫の確保をすることができない為、サイズや色をお間違えになった場合、新たにご注文いただくか、可能な場合は有料にてサイズ調整をさせていただきます。無料での交換サービスはいたしておりません。

今後も一つ一つ丁寧な仕事を続けていく為に、お客様のご理解とご協力をいただけますようお願い申し上げます。

その他ご不明点等ございましたら、お気軽にお尋ねください。

dete 御子貝

shopmaster@dete.jp

会員様情報

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

送料

宅急便 756円
DM便 216円

商品カテゴリ

ご案内

プレゼントの注文お受けします

メールが届かない場合は

店休日(6/7更新)
  • 今日
  • 休み
  • ご来店可能日

店休日は全ての業務をお休みしております。

ご来店可能日は、工房にてオーダーメイド品のご相談や在庫品の販売を受け付けることができます(日時要予約)。
更新のタイミングによっては予定が入っている場合がございますので、第2希望までご連絡いただけましたら幸いです。

メディア掲載情報

 

ページトップへ