アトリエと使用工具

道具紹介6 接着に使ういろいろ

道具紹介6回目。

今回は接着に使う3つの道具を一度にご紹介します。

接着する対象物の形や素材によって、それぞれを使い分けたり併用したりします。

~ローラー~

広い範囲をベタ貼りする際、ムラ無く圧着するのに便利です。

接着する面積によって幅の広いものと狭いものを使い分けます。

~ハンマー~ (下画像 左)

言わずと知れた金槌です。

片面は釘を打つ平面に、反対面は、叩いた痕を残さないようになだらかに出っ張った曲面でできています。古い言葉で玄翁といわれるタイプの金槌です。

局部的に強い力を加えることができるので、小さなパーツや縫い目をしっかりと接着させたい時に使います。

~エンマ~ (上画像 右)

はさむ部分が平面になっており、対象物を押しつぶす為に使われるヤットコです。

広い範囲を圧着するのには使えませんが、幅の狭い部分に使用するにはとても便利な道具です。先端には薄く漉いた革を貼り、対象物を傷つけないように配慮して使います。

この道具がなぜエンマと呼ばれているのかは、ここでうんちくの一つも語れれば、少しはさまにもなろうかと思いますが・・・。というのは、もともとエンマと呼ばれた道具は、和釘を抜く為に使われたもので、はさむ先端は平面ではなく、釘を抜くのに特化した(人差し指と親指で作るOKサインのような)形をしています。

時代と共にその釘抜きのエンマは需要が減り(現在は製靴道具店で見かけます)、どのような経緯で、革製品作りに使われるこの道具がエンマと呼ばれるに至ったのか。探ればこぼれ話の一つや二つは付いてきそうな気がして、詳しい方のお話を聞けたら楽しいんじゃないかと思います。

ちなみに、エンマ釘抜きの先端が刃になったものは食い切りといい、カシメや釘を切ったり、ファスナーのムシを切り離したりするのに使います。

 食い切り(釘抜きのエンマは食い切りの刃を潰したような形状)

釘抜きのエンマと閻魔大王にゆかりがあることは言わずもがなですが、古典落語の「粗忽の使者」で、大工が侍のお尻をつねるのに使ったのもエンマです。さぞかし痛かったことと察します。

コメントする

名前

URL

コメント

送料

全国一律 700円
DM便 200円
商品合計15000円以上で送料無料

革職人の戯言 - deteのブログ

職人の御子貝(ミコガイ)です。
HPからのご注文も、一対一で対話するような気持ちでお付き合いしたいと考えております。わからない点などお気軽にお問い合わせください。







instagram
facebook


店長日記はこちら >>

オーダーメイドについて

dete 使用皮革

ご案内

deteの革製品の作り方

アトリエと使用工具

素材

シザーケース

about “dete”

ご案内

deteの使用素材

プレゼントの注文お受けします

革とステッチで迷ったら

よくある質問

返品について

返品について

メールが届かない場合は

店休日(6/22更新)
  • 今日
  • 休み
  • ご来店可能日

店休日は全ての業務をお休みしております。

ご来店可能日は、工房にてオーダーメイド品のご相談や在庫品の販売を受け付けることができます(日時要予約)。
更新のタイミングによっては予定が入っている場合がございますので、第2希望までご連絡いただけましたら幸いです。

メディア掲載情報

株式会社スタジオタッククリエイティブ
「レザークラフト vol.14」
2016年12月22日発行

巻頭特集の“CLUTCH BAG CATALOG”で、商品説明とともに紹介していただきました。


 

 エイ出版社「PREPPY」
2015年2月号

“美容師の定番”特集記事内で、PEEK A BOO銀座並木通り店の高澤さんのシザーケースとして紹介していただきました。


デジカメWATCH
(WEB雑誌)
“デジカメドレスアップ主義”

掲載商品
一眼レフしわしわストラップ

ナチュリラ

ナチュリラ vol.11
雑誌掲載商品
レザーサスペンダー
ヌメ革ブックカバー一覧

REDS WAVE(ラジオ)
2011年11/14~17
朝の番組「Flap Flap」内でインタビューを交えて4日間に渡り当店が紹介されました。

【TOYOTA プリウス】
(カタログ)
小道具として車内装写真の中で使用されました。
掲載商品
文庫本ブックカバー

ページトップへ