製品へのこだわり

ブックカバーと本の規格

私は昔から読書が好きで、ブックカバーも大好きでした。だから最初に作った革のものもブックカバー。理由は自分が欲しかったから。いいブックカバーがあるだけで、読書の時間が100倍、いや1000倍楽しくなります!(ウソ。本当は10倍くらいです)

今日は本のサイズ規格の真っ赤なウソについてお話したいと思います。

ブックカバー サイズ

辞書とか専門書を除いた一般的な本のサイズは、

  1. 文庫判
  2. 新書判
  3. 四六判
  4. A5判

に分けられます。文庫判はよくある文庫本のサイズ。新書判は文庫本を少し縦長にしたようなサイズ(洋書のペーパーバックとほぼ同じサイズ)。四六判はハードカバーが一般的な新刊の単行本サイズ。A5判は学術書などの大型の書籍です。
ちなみに、一般に広く浸透しているサイズは文庫本と四六判がダントツです。プレゼント用でお求めの場合はこの辺りが無難なところだと思います。

ネットで調べた規格によると、

  1. 文庫判 105×148
  2. 新書判 103×182
  3. 四六判 127×188
  4. A5判  148×210

と出ました。合っているのかわかりません。ちなみに、違うサイトでは違うサイズが規格として書かれていました。

「このサイズを参考にブックカバーを選べばいいのか」

と考えてしまいそうになりますが、ちょっと待ってください!一度ご自宅にある本のサイズを測ってみてください。本当に、全て上記のサイズになっていますか?

きっとなっていないと思います。昨今の本は、規格に関わらず、サイズがばらばらに作られているのです。なぜかというと、本屋さんで少しでも目立つ為に大きくしたり小さくしたりしているからです。

deteのブックカバーは、できるだけたくさんの本に使えるように、大き目の寸法に合わせて制作しています。サイズに関してご不明な点はメールにてお問い合わせください。

文庫本一覧
文庫本トールサイズ一覧
新書ブックカバー一覧
B6ブックカバー一覧
ビジネス書ブックカバー一覧
四六判ブックカバー一覧
A5判ソフトカバー用ブックカバー一覧
A5判ハードカバー用ブックカバー一覧

送料

全国一律 700円
DM便 200円
商品合計15000円以上で送料無料

革職人の戯言 - deteのブログ

職人の御子貝(ミコガイ)です。
HPからのご注文も、一対一で対話するような気持ちでお付き合いしたいと考えております。わからない点などお気軽にお問い合わせください。







instagram
facebook


店長日記はこちら >>

オーダーメイドについて

dete 使用皮革

ご案内

deteの革製品の作り方

アトリエと使用工具

素材

シザーケース

about “dete”

ご案内

deteの使用素材

プレゼントの注文お受けします

革とステッチで迷ったら

よくある質問

返品について

返品について

メールが届かない場合は

店休日(6/22更新)
  • 今日
  • 休み
  • ご来店可能日

店休日は全ての業務をお休みしております。

ご来店可能日は、工房にてオーダーメイド品のご相談や在庫品の販売を受け付けることができます(日時要予約)。
更新のタイミングによっては予定が入っている場合がございますので、第2希望までご連絡いただけましたら幸いです。

メディア掲載情報

株式会社スタジオタッククリエイティブ
「レザークラフト vol.14」
2016年12月22日発行

巻頭特集の“CLUTCH BAG CATALOG”で、商品説明とともに紹介していただきました。


 

 エイ出版社「PREPPY」
2015年2月号

“美容師の定番”特集記事内で、PEEK A BOO銀座並木通り店の高澤さんのシザーケースとして紹介していただきました。


デジカメWATCH
(WEB雑誌)
“デジカメドレスアップ主義”

掲載商品
一眼レフしわしわストラップ

ナチュリラ

ナチュリラ vol.11
雑誌掲載商品
レザーサスペンダー
ヌメ革ブックカバー一覧

REDS WAVE(ラジオ)
2011年11/14~17
朝の番組「Flap Flap」内でインタビューを交えて4日間に渡り当店が紹介されました。

【TOYOTA プリウス】
(カタログ)
小道具として車内装写真の中で使用されました。
掲載商品
文庫本ブックカバー

ページトップへ