アトリエと使用工具

道具紹介4 捻

第四回は念入れに使う道具の紹介です。

左より、

二重(ツル 薄物用 カバーが付いていて見えませんが)

二重(ツル 厚物用)

玉(ツル 薄物用)

玉(ツル 厚物用 電気)

玉アタマ(平 電気 未加工)

玉アタマ(平 電気 この一点のみ用途が違います)



捻を入れる道具といっても、縫い線を引くのに使うもの、仕上げに蜜蝋を入れ込むための物、飾り線を入れるもの、

それらを兼ねるものなど、当工房では用途によってそれぞれを使い分けています。


コバとステッチの間に入った線が捻で引いたものです。

熱でコバを引き締めつつ、蜜蝋を溶かし込んで丈夫にします。

工具のケースを作るのも楽しいです。

「念には念を入れる」という言葉の由来だという話もありますが、正確なところは定かではありません・・・。

コメントする

名前

URL

コメント

会員様情報

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

送料

宅急便 756円
DM便 216円

商品カテゴリ

ご案内

プレゼントの注文お受けします

メールが届かない場合は

店休日(7/24更新)
  • 今日
  • 休み
  • ご来店可能日

店休日は全ての業務をお休みしております。

ご来店可能日は、工房にてオーダーメイド品のご相談や在庫品の販売を受け付けることができます(日時要予約)。
更新のタイミングによっては予定が入っている場合がございますので、第2希望までご連絡いただけましたら幸いです。

メディア掲載情報

 

ページトップへ